FBのザッカーバーグCEO、自身の個人情報も流出

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(ロイター)
フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(ロイター)【拡大】

 米交流サイト大手フェイスブック(FB)のザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は11日、前日の上院委員会に続いて下院エネルギー・商業委員会の公聴会に出席した。英政治コンサルティング会社に不正流出した最大8700万人分の個人情報の中に自身のデータも含まれていたことを明らかにした。

 ザッカーバーグ氏は、個人情報を守る上で利用者にはさまざまな手だてがあると訴え、懸念の払拭を狙った。だが、自身も情報流出の被害を受けていたことが判明し、IT技術に精通するザッカーバーグ氏ですらプライバシー保護が難しいFBやネットの問題点が改めて浮き彫りになった。

 下院議員らは「FBがデータを守れないのに、利用者がどうやって守れるのか」と厳しく質問した。ザッカーバーグ氏はネット企業に対する「何らかの規制は避けられない」と述べたが、具体的な規制の在り方については踏み込まなかった。

 11日のFB株価は続伸した。前日の公聴会より激しい追及が目立ったが、株式市場では、ザッカーバーグ氏が無難に説明したと受け止められた。(共同)