コマツ、シミュレーター企業を買収 林業機械事業強化・拡大

 コマツは12日、林業機械のシミュレーターを手掛けるスウェーデンのオリックス・シミュレーションズを買収したと発表した。買収額は非公表。コマツでは、買収を機に機械とシミュレーターを合わせて提供するなどして、林業機械事業を強化・拡大したい考えだ。

 オリックスは、目の前の画面をみながら操作し、操作技術を習得できる搭乗型シミュレーターなどを開発・販売している。

 コマツによると、林業機械は建設機械より操作が難しいため操作技術の早期習得にシミュレーターが欠かせず、オリックスは画面上でリアルな動きを再現するコンピューターグラフィックス(CG)技術に強みを持つという。

 コマツは、今年2月にも林業機械の付属装置を手がけるカナダのプレンベック・イクイップメントを買収したばかり。2018年度には、林業機械事業の売上高を16年度比で25%増となる1000億円に拡大したい考えだ。