アルミニウム大手UACJ 代表取締役人事を撤回「古河電工と考え方にすれ違い」

 アルミニウム加工国内最大手UACJは13日、山内重徳会長(69)と岡田満社長(61)が6月21日付で代表権のない相談役に退く人事を発表した。山内氏が留任し、岡田氏が代表権のある副会長に就任する人事案を2月に内定したが、大株主の古河電気工業が反対していた。山内氏は13日に東京都内で記者会見し、当初案を撤回した理由について「(古河電工と考え方に)すれ違いがあった」と説明した。

 岡田氏は「お客さま、株主、従業員に大変ご心配をかけ、深くおわびする」と謝罪した。

 石原美幸取締役常務執行役員(60)の社長昇格は維持し、新たに取締役専務執行役員の中野隆喜氏(62)と種岡瑞穂氏(61)が代表権を持つ。

 このほか、新任の社外取締役2人が就任する。UACJの発行済み株式の約25%を保有する古河電工は「修正人事案を全面的に支持する」とのコメントを発表した。