つみたてNISA、認知度低迷 利点の浸透へ地道な取り組み必須 (1/2ページ)

証券会社が顧客開拓の足掛かりと位置付ける「つみたてNISA」=東京都千代田区
証券会社が顧客開拓の足掛かりと位置付ける「つみたてNISA」=東京都千代田区【拡大】

 1月にスタートした積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」の認知度が低空飛行を続けている。三菱UFJ国際投信(東京)が毎月実施している調査によると、3月は25.5%で、昨年9月の調査開始以降で初めて前月比で低下した。制度を活用してもらうためにはまず知ってもらう必要があり、金融機関など業界挙げての地道な取り組みが欠かせない。

 三菱UFJ国際投信は毎月、全国の1万人を対象につみたてNISAの認知度を定点調査。初回の昨年9月は19.1%で、毎月少しずつ上昇し、今年2月は28.4%に達したが、3月は低下に転じた。依然として7割超がつみたてNISAがどのような制度かを知らない状況が続いている。

 調査対象とする1万人は過去の回答者を除外しているため、毎月入れ替わっている。また、金融に関心のある層に絞って調査をしていることもないという。

 投資信託協会(東京)がつみたてNISAのスタート直前の昨年12月に実施して今年3月に公表した全国2万人対象のアンケートでも、認知度は36.9%だった。これについて、岩崎俊博会長は今月12日の記者会見で「認知という点ではまだ高くはない」と指摘。つみたてNISAの名前も制度内容も知っていると答えた割合は全体の10.8%にとどまり、岩崎氏は「さらに(認知度を)上げていく必要がある」と語った。

続きを読む