車のプラモデルを組み立てて20年、美しく温かみのある作品たち 「組み立てる とは なにか」展を4/28~5/13に静岡にて開催

タイトル
タイトル【拡大】

  • 北澤志朗
  • 展示作品1
  • 展示作品2

 モデルフィニッシャー北澤志朗さんの製作したカープラモデルをアート写真と共に展示する「組み立てる とは なにか」展を、2018年4月28日(土)~5月13日(日)、静岡ホビースクエアにて開催いたします。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154289/LL_img_154289_1.jpg
タイトル

 「モデルフィニッシャー」とは、プラモデルを組み立てて完成させるプロフェッショナル。

 北澤志朗さんは幼少の頃から模型製作を始め、20年前からプロのモデルフィニッシャーとして活躍、雑誌や企業、個人の注文の依頼まで、1,000台を超えるカープラモデルを組み立ててきました。
車を愛し続ける北澤さんの作品からは、手作業だからこそ生み出せる、技術を超えた模型の美しさが立ち上がります。

 その一台一台を、特設したブースで撮影した写真と共に、100台を超えるカープラモデルを展示。会場は世界に誇る模型メーカーが集う静岡市の「静岡ホビースクエア」。同時に北澤さんが主宰するモデルカー愛好会「S.E.M」のメンバーによる作品展も開催。会期中には「静岡ホビーショー」も開催、世界の模型都市・静岡を盛り上げます。

 また、同プロジェクトのクラウドファンディングも開催予定です。
自分の手で「組み立てる」こと、そしてプラモデルの魅力をじっくり味わえる空間をお楽しみいただけます。

 【プロフィール】
北澤志朗(きたざわしろう)
1961年神奈川県生まれ。工業試作の技術者、模型店店主を経て、1995年よりモデルフィニッシャー、ライターとして活躍。自動車模型を組み立てる。模型雑誌の掲載用から企業への協力提供まで、依頼を受けて製作する他、趣味でも製作を続ける。
「自動車模型の楽しみ方」、「自動車模型 フルスクラッチ編」、「自動車模型製作テクニック集」(新紀元社)、他、共著も含め著書多数。DVDに「模型道場ライトx2 カーモデルの作り方」(インストーリー)。雑誌での連載、模型作例多数。2017年4月、ギャラリー「ondo kagurazaka」にて個展開催。その他イベント、店舗などでの作例展示多数。

 【概要】
「組み立てる とは なにか」展 モデルフィニッシャー北澤志朗さんのカーモデル
会期 : 2018年4月28日(土)~5月13日(日)
会場 : 静岡ホビースクエア http://hobbysquare.jp/
所在地 〒422-8067 静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡3F
アクセス : JR静岡駅南口から徒歩1分
入場料 : 大人 ¥500 中学生以下 無料
主催 : 「組み立てる とは なにか」展 実行委員会
同時開催 : S.E.M.湘南モデルカー愛好会 作品展
協力 : ホビーのまち静岡・静岡模型教材協同組合・
S.E.M 湘南モデルカー愛好会
企画デザイン: kumudesign
ホームページ: https://www.k-t-n.site/