ポルシェ管理職を拘束 独検察、排ガス不正で

 ドイツのメディアは20日、同国検察当局が自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題を巡り、傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェの管理職1人を拘束したと報じた。ポルシェのブルーメ会長が社員に明らかにした。

 検察当局は18日、排ガス規制逃れ問題に絡む詐欺容疑などでポルシェの関係先約10カ所を捜索し、社員ら3人に対する捜査を公表していた。拘束されたのは3人うちの1人で、エンジン部門で管理職を務めていた。(共同)