シャープが4年ぶり黒字 液晶事業が好調、6年ぶりに配当を実施

シャープの戴正呉社長(佐藤徳昭撮影)
シャープの戴正呉社長(佐藤徳昭撮影)【拡大】

 シャープが26日発表した平成30年3月期連結決算は、売上高が前期比18.4%増の2兆4272億円、純損益が702億円の黒字(前期は248億円の赤字)で、4年ぶりの黒字となった。液晶事業が好調だった。台湾・鴻海精密工業の傘下で堅調に業績改善が進み、6年ぶりに配当を実施することも発表した。

 本業のもうけを示す営業利益は44.3%増の901億円だった。家電製品やカメラ部品が価格下落などの影響で苦戦したが、液晶パネルやテレビの販売が海外を中心に大きく伸びたことや、コスト削減などの構造改革が寄与した。

 同時に発表した31年3月期連結業績予想は、売上高が19.1%増の2兆8900億円、純利益は13.9%増の800億円と増収増益を見込んだ。