アナログ経営で中小セミナー

 千葉商科大学地域連携推進センター(千葉県市川市)は、中小企業経営者を対象にした2018年度の中小業マネジメントスクールを開講する。

 今年度のテーマは「デジタル社会とアナログ経営」で、市川市行徳地区で神輿(みこし)づくりに取り組む中台製作所の中台洋社長、千葉県内で理美容室チェーンを展開するオオクシ(千葉市稲毛区)の大串哲史社長らを講師に迎え、社員とのコミュニケーションのあり方などについて講義する。

 5月12日午後3時から同大学で。それ以降は毎月第2土曜日に開催し、全8回。受講料は2万5000円。