【Luxeな日本 ~地元発】明治150年、気分はハイカラさん 藤村由紀子

築130年の旧高等尋常小学校校舎は明治時代そのもの
築130年の旧高等尋常小学校校舎は明治時代そのもの【拡大】

 「みやぎの明治村」。宮城県北部にある登米市(とめし)登米町(とよままち)のキャッチフレーズだ。仙台伊達藩の一門が治めた2万1000石の城下町だったこの町には、明治をしのばせる建物が多数残り、当時の雰囲気を体感できる。

 町のシンボルともいえるのが、今は教育資料館となっている旧登米高等尋常小学校校舎。築130年、45年ほど前まで実際に使われていたという木造2階建てバルコニー付きの校舎は、東日本大震災も乗り越えた国の重要文化財である。

 春と秋には袴(はかま)やドレスの着付けが体験できる。袴を身に着け、頭に大きなリボンをつけてもらえば、気分はすっかりハイカラさん。趣のある廊下を歩き、昔ながらの教室に入ると、心なしか背筋も伸びる。

 旧警察署庁舎、廃藩置県で設置された旧水沢県庁庁舎、そして蔵造りの商家が並ぶ町。初めて訪れたのに、なぜか懐かしい。外国人観光客にも対応できるよう市内の観光スポットの案内が7カ国語で聞ける多言語音声観光ペンも用意されている。

 仙台駅から高速バスで1本。明治150年の今年、ロマン漂う街並みを巡り、ハイカラさん気分を楽しむ、とてもぜいたくなひととき。いつのまにか写真をたくさん撮っていた自分に気がついた。

                  ◇

【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

                  ◇

【プロフィル】藤村由紀子

 ふじむら・ゆきこ 宮城テレビ出身。現在、国際会議などの日英司会やナレーション、通訳などを行うバイリンガルアナウンサーとして活動中。

                  ◇

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japanでは全国各地の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もご覧になれます。