特殊軸受けを1個から対応 ジェイテクトの新ライン稼働

ジェイテクトの半導体製造装置向け特殊環境用軸受け(同社提供)
ジェイテクトの半導体製造装置向け特殊環境用軸受け(同社提供)【拡大】

 ジェイテクトは、徳島工場(徳島県藍住町)に半導体製造装置などクリーンな環境で使用する特殊環境用「EXSEV」(エクゼブ)軸受けの生産ラインを稼働した。半導体やフラットパネルディスプレー(FPD)の製造装置の需要が高まり装置メーカー向けに小ロット、短納期の需要に対応する。

 新設ラインは、1個単位の受注から対応できるほか、段取り時間を従来ラインの約3分の1に、軸受けの組み立てにかかる時間も同じく約6分の1にすることなどで納期を短縮した。

 新ライン稼働により、2019年の軸受け販売目標を2億円増やすという。

 半導体やフラットパネルディスプレーの製造にはクリーン度が高い環境が要求される。ジェイテクトはこうした分野向けに、回転しても潤滑油の飛散や粉塵(ふんじん)の発生を極限にまで減らした特殊環境用軸受けを手掛けている。短時間での装置開発や修理のニーズが強く、2017年の実績では、1件当たり100個以下の「小ロット受注」のうち、10個以下の受注が占める割合が約54%に達しているという。