中小の経営課題をウェブ上で解決 横浜信金

 横浜信用金庫(横浜市中区)は大手企業との連携によって、販路拡大や事業承継など中小企業が抱える経営課題の解決を図るプラットフォーム「Yokohama Big Advance(ヨコハマ・ビッグ・アドバンス)」を始めた。

 横浜信金の取引先となる中小企業と、同信金と提携する大手企業約300社とをウェブ上でつなぎ、中小企業の経営課題にワンストップで応える。

 ビジネスマッチング以外にも、新たな事業パートナーを見付ける「オープンイノベーション」や各種助成金や入札関連の情報を発信する「情報・メディア機能」などのメニューもそろえた。利用料金は月3240円で、事前の会員登録が必要。