「iPhone」堅調 アップル、5期連続増益 1~3月期の純利益1.5兆円

ミシガン・アベニューに出した新店舗で展示された「iPHONEX」=2017年11月、米シカゴ(AP)
ミシガン・アベニューに出した新店舗で展示された「iPHONEX」=2017年11月、米シカゴ(AP)【拡大】

  • 中国北京にあるアップルの店舗=2017年10月(AP)
  • 「iPhoneX」(共同)

 米アップルが1日発表した2018年1~3月期決算は、純利益が前年同期比25%増の138億2200万ドル(約1兆5000億円)と5四半期連続の増益となった。売上高は16%増の611億3700万ドル。純利益、売上高とも1~3月期としては過去最高を3年ぶりに更新した。

 主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の世界販売台数は3%増の5221万7000台と堅調。昨年11月に発売した高級モデル「X」が販売単価を押し上げ、収益が改善した。タブレット端末「iPad(アイパッド)」は2%増の911万3000台。パソコン「Mac(マック)」は3%減の407万8000台だった。

 アプリの販売や音楽配信といったサービス部門の売上高は31%増の91億9000万ドルで、四半期ベースで過去最高だった。(共同)