【後継者難の時代】(下)豊富な経験生かし中小へ 労働市場に新たな人の流れ (1/2ページ)

若手社員を指導する天竜精機の小野賢一社長(左)=長野県駒ケ根市の同本社
若手社員を指導する天竜精機の小野賢一社長(左)=長野県駒ケ根市の同本社【拡大】

 「30年の会社員生活で培ったノウハウを経営者として生かしたい」

 2月の週末、中部・北陸地域の3県が東京都内で移住促進イベントを開催した。都内の企業で働く中高年を中心に約200人が来場。事業承継に悩む域内企業を紹介するブースはひときわ熱気に包まれた。

 大企業から中堅・中小企業へ-。事業承継問題の深刻化を受け、日本の労働市場で新たな人の流れが生まれている。

 工場自動化(FA)機器を手掛ける天竜精機(長野県駒ケ根市)の小野賢一社長はそうした一人だ。新卒で入社した日製産業(現・日立ハイテクノロジーズ)を飛び出し、2014年に後継者難だった同社社長に就いた。57歳の時だった。

 それまで営業本部長として部下500人を束ねていたが、新天地の社員は100人前後。就任当初は戸惑いも多かったが、「今ではやりがいの方が大きい」(小野氏)。

 人材サービスのパソナの佐藤奈央子執行役員は「達成感を重視する大企業の中高年社員が増えている」と分析する。大企業では一定の年齢に達したら管理職から外す「役職定年制」を導入するケースが多い。ただし、大量入社世代の彼らに十分なポストで報いるのは難しいのが現実だ。

続きを読む