【Luxeな日本 ~地元発】世界唯一、木造二重螺旋のさざえ堂 柳沼愛子

会津さざえ堂。二重螺旋構造の木造建築物は世界でここだけ
会津さざえ堂。二重螺旋構造の木造建築物は世界でここだけ【拡大】

 世界で唯一の建物が東北にある。福島県会津若松市、六角三層の円通三匝堂(えんつうさんそうどう)。通称「会津さざえ堂」だ。DNAの模式図のような二重螺旋(らせん)構造で上りと下りが別の通路になり、人がすれ違うことはない。

 二重螺旋構造の建物はほかにもあるが、木造となると会津さざえ堂だけ。早速、お堂に入ってみる。階段ではなく、スロープだ。周りと遮断された雰囲気の中、登っていくと、頭上から足音や話し声が聞こえるのに、人とすれ違うことはない。最上部に着いて上を見ると、天井一面に千社札。人々の願いの強さを感じる。下りは想像以上の急勾配で、手すりにつかまって一歩一歩踏みしめる。やはり登ってくる人とはすれ違わない。まるで異次元を歩いているような不思議な気分になる。

 会津さざえ堂は白虎隊終焉(しゅうえん)の地としても知られる飯盛山にある。建立は1796年。当時、ここにあった正宗寺の僧郁堂が、西日本に行かずとも三十三観音参りができるようにと考案。現在は取り外されているが、三十三観音像が安置されていた。

 お堂を管理する山主飯盛本店の飯盛正徳さんによれば、近年、外国人観光客が増えているそうだ。一昨年ごろから、アジア圏からだけでなく、欧米人も多くなってきた。福島には知られざるスポットがまだある。

                   ◇

【luxe(リュクス)】 フランス語で元の意味は「贅沢」。最近は優雅で上品でありながら、洗練された贅沢なもの・ことなどの意味で使われる。

                   ◇

【プロフィル】柳沼愛子

 やぎぬま・あいこ 元テレビユー福島アナウンサー。現在はTVCMに出演する一方で、ウェブサイトコラムも執筆中。

                   ◇

 局アナnetは日本最大級の局アナ経験者ネットワーク。運営するLocal Topics Japanでは全国各地の観光情報を日本語、英語と動画で紹介しています。コラム関連動画もご覧になれます。