ドイツBosch社の子会社と特許ライセンス契約を締結

 京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、グローバル規模でテクノロジーとサービスを提供するRobert Bosch GmbH(ロバート・ボッシュ)の子会社であるRobert Bosch Car Multimedia GmbHと、京セラの触覚伝達技術「HAPTIVITY(R)(ハプティビティ)」のベースとなる当社特許に関するライセンス契約を、5月7日(日本時間)に締結いたしましたのでお知らせします。

京セラは、2008年に触覚伝達技術「HAPTIVITY(R)」の研究開発を始めて以来、さまざまな技術革新を図ってまいりました。バーチャルリアリティ技術を用い、リアルで多彩な触感を再現するデバイスを、これまで国内外の展示会に出展し紹介するとともに、本技術の特許を各国にて取得いたしました。

京セラは、今後もこの触覚伝達技術「HAPTIVITY(R)」を、車載機器、産業機器など幅広い用途で、実用化に向け技術開発してまいります。また、他社へのライセンス提供についても積極的に展開し、本技術関連の特許ライセンス活動を進めるとともに、触覚伝達技術「HAPTIVITY(R)」のさらなる高度化、そして本技術を用いたデバイス、ユニット、システムの開発、製品化を推進してまいります。

※「HAPTIVITY」は、京セラ株式会社の登録商標です。