ソフトバンク、営業最高益を更新  米減税が追い風に

平成30年3月期の決算発表を行うソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=9日、東京都中央区
平成30年3月期の決算発表を行うソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=9日、東京都中央区【拡大】

 ソフトバンクグループが9日発表した平成30年3月期連結決算は、最終利益が前期比27・2%減の1兆389億円と2期ぶりの減益となった。中国電子商取引(EC)最大手アリババグループ株式の売却益がなくなったことなどが響いた。

 営業利益は27・1%増の1兆3038億円と2期連続で1兆円を超え、過去最高を更新。売上高は2・9%増の9兆1587億円だった。米国の税制改正により、傘下の米携帯大手スプリントに約7千億円の利益押し上げ効果があった。

 孫正義会長兼社長は「最終利益の減少は一時的な損失による。継続的な事業は約3倍に増益している」と指摘。サウジアラビアの政府系ファンドなどと設立した「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の株式評価益が3460億円に拡大したことを強調した。

 国内の通信事業は顧客拡大のための先行投資で減益となったが、ソフトバンクブランドの契約者数が増加し「今期は増益に反転する」と自信をのぞかせた。

 4月に同業TモバイルUSとの合併合意を発表したスプリントについては、相乗効果による株式価値の向上に期待した。