全銀協、即時決済ニーズ取り込みへ環境整備 他業種ライバルに対抗 (1/2ページ)

 全銀協が夜間や休日でも即時決済できる環境を整備するのは、インターネットを使った商取引の普及を背景に、迅速な決済や送金の需要が高まっているからだ。だが、ITを活用した安価で便利な金融サービスの担い手が銀行以外にも広がる中、銀行間の振り込みの利便性が高まったとしても顧客を囲い込めるかどうかには不透明感もある。

 全銀協は新システムはネット通販の利便性を向上させるとみる。ネット通販では入金確認後に商品を発送するケースが多いが、即時決済できれば土日に商品を注文しても迅速に受け取れるためだ。全銀協は「飲み代の割り勘など個人間のお金のやり取りを取り込める」とも期待。企業間でも売掛金などを土日に受け取ることができれば、資金効率の改善なども見込める。

 一方、新システムはようやく世界の動きに追いつくという面もある。海外では英国やシンガポールなどですでに24時間365日の銀行間振り込みが可能。邦銀ではりそなホールディングスが平成27年にグループ3行の口座間で開始したが、取り組みは限定的だった。

続きを読む