アマゾン、グーグルの広告枠の購入撤退 独自のサービス拡大へ意欲 (1/2ページ)

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 米アマゾン・コムがグーグルの人気広告枠購入を取りやめたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。この結果、ハイテク業界の巨大企業である両社の亀裂が深まる見通し。さらに、ウェブ広告市場でアマゾンが独自サービス拡大への意欲を一段と膨らませていることを示した。

 アマゾンの撤退により、グーグル・ショッピングの検索結果のトップに掲載される、人気の高い広告枠は影響を受ける。小売業者や電子商取引会社はこの枠を獲得するためにかなりの高額を支払ってきた。

 アマゾンが商品リスト広告(PLA)と呼ばれるこうした広告枠の応札を始めたのは2016年の遅い時期だった。それ以降、アマゾンはグーグルが開くオンライン入札でウォルマートなどの小売企業と争ってきた。

 データマーケティング会社マークルは、顧客のために調査を続けているグーグルのショッピング広告データを分析した結果、アマゾンが4月28日に突然、この広告枠購入から撤退したことを発見した。関係者がアマゾン撤退を確認した。

 マークルの調査ディレクター、アンディー・テーラー氏によれば、アマゾンは主として事務用品や家具、スポーツ衣料などのPLAを購入してきた。同氏は「アマゾンは恐らく年間5000万ドル(約55億円)を投じてきたが、それより多い額かもしれない」と語った。

続きを読む