地元の足、軽視すれば“衰亡” 「ひたちなか海浜鉄道」に見るローカル鉄道の勝ち方 (1/5ページ)

 人口減で各地のローカル線が厳しい状況にある。もう「地元の足」としての鉄道は不要なのだろうか。実は茨城県の「ひたちなか海浜鉄道」は、そんな状況でも着実に乗客数を伸ばしている。10年前の廃線危機を乗り越え、現在では延伸も計画中だ。なぜ再生できたのか。そこには観光に頼らず、地元密着を徹底する姿勢があった--。

緑の中を走るひたちなか海浜鉄道の車両(写真提供=ひたちなか市)

緑の中を走るひたちなか海浜鉄道の車両(写真提供=ひたちなか市)

 「3.1キロの延伸」を計画

 ゴールデンウイークで行楽が本格化する時季だ。この機会に、行楽地に出かけてローカル鉄道に乗る人がいるかもしれない。だが、地方ローカル線は廃止が相次ぐ。3月31日には広島県三次市と島根県江津市を結ぶ「JR三江線」(全長108.1キロ)が全線廃止となり、88年の歴史に幕を閉じた。

 三江線のように利用者減で廃線になる路線、第三セクターに移行したが集客に苦しむ路線など、全国的にローカル線が厳しいなか、新たに鉄道距離を伸ばす「3.1キロの延伸」を計画する鉄道がある。茨城県ひたちなか市の「ひたちなか海浜鉄道」(全長14.3キロ)だ。

 2008年に地元企業の茨城交通から、ひたちなか市が出資する第三セクターに移行した同鉄道は、地道な取り組みで乗客数を伸ばし、「地方ローカル線の再生成功例」ともいわれる。とはいえ、どの地方も人口減で廃線が相次ぐご時世に、なぜ延伸計画ができるのか。そのねらいは何か。ひたちなか市長と海浜鉄道社長それぞれに話を聞いた。

「収支トントン」までこぎつけた