三井住友、大和証券 資産運用会社合併

 三井住友フィナンシャルグループ(FG)と大和証券グループ本社などは11日、系列の資産運用会社2社の合併を合意したと発表した。規模の拡大を通じ、運用力を強化する。来年4月ごろの手続き完了を目指す。

 合併するのは三井住友アセットマネジメントと大和住銀投信投資顧問。新会社は三井住友FGの子会社となり、大和証券と三井住友海上火災保険、住友生命保険なども引き続き株式を保有する。

 合併する2社の顧客層が異なるのに加え、金融商品の得意分野に重複が少ないことから互いの強みを伸ばせると判断した。