【新トップ】NTT次期社長・沢田純氏 技術畑にとどまらない実績

NTTの次期社長に内定した沢田純副社長(右)と鵜浦博夫社長=11日、東京都千代田区
NTTの次期社長に内定した沢田純副社長(右)と鵜浦博夫社長=11日、東京都千代田区【拡大】

 最終利益の3年連続の更新や株価を3倍以上に引き上げるなど、大きな実績を挙げた鵜浦博夫社長の後任となるだけに「光栄と同時に大変な重責だ」と、11日の記者会見では緊張した面持ちであいさつした。

 4代目社長の宮津純一郎氏以来となる理系出身だが、海外の情報システムサービスで稼ぐための企業買収に積極的に取り組んだほか、「NTTセキュリティ」の社長として海外でのサービス提供にも取り組むなど、技術畑にとどまらない実績を残してきた。総務省や競合他社など社内外からは、鵜浦氏の後任候補筆頭と早くから目されてきたが、今後のNTTの収益の柱となる「グローバル」や「情報システム」に精通している点などが決め手となったとみられる。

 鵜浦氏は「グローバル、国内、人事担当などNTT副社長として最も多忙で成果を挙げてきた。これから先のことは完全に任せた。口出ししたくないので期待は申し上げないが、安心して任せられる」と大きな期待を寄せた。

 好きな言葉は、誠実さと訳される「インテグリティ」。趣味はNTTグループのラグビーチームの観戦だが、合唱や読書なども好む。(大坪玲央)