近未来のデザイン具現化 オムロンが新たな研究会社

アーム型ロボットが置かれたオムロンサイニックエックスのオフィス=東京都文京区
アーム型ロボットが置かれたオムロンサイニックエックスのオフィス=東京都文京区【拡大】

 オムロンは、技術革新をベースにした近未来を、具体的にデザインする研究会社、オムロンサイニックエックス(東京都文京区)を設立、本格的な稼働を開始した。

 東大がある東京・本郷の一角にあるビルに拠点を構えた。オムロンは「FA」「ヘルスケア」「モビリティ」「エネルギー」の4分野を事業の重点領域に掲げている。人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、ロボティクス技術の進化が鍵を握るだけに、幅広い領域の最先端技術の“トップ人財”を研究員として採用した。

 これを踏まえ、地の利を生かしながら大学や社外研究機関との共同研究を推進。「オープンイノベーションによって、近未来デザインの創出を加速していく」(オムロンサイニックエックスの諏訪正樹社長)考えだ。

 オムロンは2020年度を最終年度とする中期経営計画で売上高1兆円の達成を目標に掲げており、新会社の活動を通じて、それ以降の成長を牽引(けんいん)する技術や新規事業創出の加速を目指す。