東芝会長「メモリ売却益で成長投資」 決算会見の主なやり取り

記者会見する東芝の車谷暢昭会長=15日午後、東京都港区の本社
記者会見する東芝の車谷暢昭会長=15日午後、東京都港区の本社【拡大】

 15日に決算会見した東芝の車谷暢昭会長の主なやり取りは次の通り。

 --東芝メモリを売却できないと改革計画に響く

 「中国当局の審査待ちだが、ネガティブな情報は得ておらず、(売却中止の)検討はしていない」

 --メモリは今期も約5000億円の設備投資を要する

 「その通りだが、メモリ事業のキャッシュフローで賄える。本体からの投資はあまり考えていない」

 --今後の東芝を支える事業は

 「メモリ売却益で成長投資を進める。各事業部長と話し合い、効率が良い分野へ資本を投下する。予断を持たずに検討したい」

 --エネルギー事業などの収益改善の見通しは

 「世界的な『脱炭素』の流れに乗り遅れたが、受注方針の見直しや調達コストの削減などにより、2年ほどで結果を出せるだろう」

 --人材流出の状況は

 「ペースは弱まった。改革計画を丁寧に説明していくので、(流出の)勢いは止まると期待している」

 --核燃料、原子炉の事業を他社と統合する考えは

 「国家的にも大事な仕事で、必要があれば考えるべきだが、現時点で具体的には考えていない」