三井不、総額300億円のベンチャー投資

 三井不動産は15日、独立系ベンチャーキャピタル大手のグローバル・ブレイン(東京都渋谷区)と共同で、総額300億円のベンチャー投資事業を開始すると発表した。

 フィンテックやロボティクス、人工知能(AI)といった領域ですでに収益モデルが確立しているベンチャーが投資対象となり、1社当たり数十億円単位の大型投資を予定している。

 資金提供を契機に、三井不動産グループが人的リソースや事業ノウハウ、商圏などを提供。ベンチャーの事業拡大に向けた動きを積極的に支援していく。