三井住友、中国の旅行予約大手と提携 ホテル予約などで優遇措置が受けられるクレカ発行

三井住友カードなどとの提携クレジットカード発行を発表した携程旅行網(シートリップ)の孫潔最高経営責任者(中央)ら=15日、東京都千代田区
三井住友カードなどとの提携クレジットカード発行を発表した携程旅行網(シートリップ)の孫潔最高経営責任者(中央)ら=15日、東京都千代田区【拡大】

 中国オンライン旅行大手の携程旅行網(シートリップ)と銀聯国際、三井住友カードは15日、ホテル予約などで優遇措置が受けられる提携クレジットカード「Trip.comグローバルカード」を発行すると発表した。シートリップが中国国外で提携クレジットカードを発行するのは初めて。

 6月6日からネットで入会申し込みを受け付ける。同カードで決済するとシートリップ運営の旅行予約サイト「Trip.com」で、ホテル代金の割引が受けられるほか、セール情報が先行案内される。カードブランドは銀聯(ユニオンペイ)で買い物などでためたポイントはシートリップの割引に使える。年会費は永年無料。

 東京都内で15日、会見したシートリップの孫潔最高経営責任者(CEO)は「中国国外で提携カードを発行できてうれしい。3社で連携し、より良いサービスに努める。旅行商品を提供するプラットフォームとしてだけでなく、各分野でサービスを提供したい」と話した。