【新製品】イグス ナット 潤滑剤不要かつ、低負荷・低振動

ナット用樹脂材質「イグリデュールE7」
ナット用樹脂材質「イグリデュールE7」【拡大】

 イグスは、台形ねじおよび多条ねじのナット用樹脂材質「イグリデュールE7」を開発し、シリーズを拡充した。同社独自の多条ねじ技術「ドライスピン」と新材質のナットを組み合わせることで理想のリニアドライブを実現する。

 「イグリデュールE7」製の送りねじナットは、従来のイグリデュール材質と同様、固体潤滑剤が埋め込まれた軟質高性能ポリマーでできている。そのため、オイルやグリスなどの潤滑剤を塗布する必要がない。また、低負荷で高速時における滑らかな低振動動作も可能。

 ドライで使用しても長寿命という大きな利点がある。同社内試験施設の品質試験において「イグリデュールE7」製ナットとイグス標準材質製ナットを135回転/分の速度で100Nの負荷をかけて作動させた結果、「イグリデュールE7」は多条ねじで4倍、台形ねじでは19倍の耐摩耗性を示した。

 全自動コーヒーメーカーや3Dプリンターのほか、実験技術などに適している。

 <東京都墨田区、(電)03・5819・2030>