AI献立自動作成アプリ「me:new」を運営するミーニューがトマト銀行、個人投資家の石森氏・竹内氏による第三者割当増資を実施

me:new(ミーニュー) 使用イメージ1
me:new(ミーニュー) 使用イメージ1【拡大】

  • me:new(ミーニュー) 使用イメージ2

 AI献立自動作成アプリ「me:new(ミーニュー)」( https://menew.jp/ )を運営する株式会社ミーニュー(岡山市北区、代表取締役:三宅 伸之、以下「当社」)は、株式会社トマト銀行(トマト創業支援ファンド)、個人投資家の石森 博光・竹内 純を引受先とした第三者割当増資を実施いたしました。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/156636/LL_img_156636_1.jpg
me:new(ミーニュー) 使用イメージ1

 【AI献立自動作成アプリme:new(ミーニュー)について】
AI献立自動作成アプリme:new(ミーニュー)は、利用者の好みや栄養まで考えた最長1週間分の献立を一瞬で自動作成するアプリです。日々の献立作成を自動化出来れば、負担を大幅に軽減でき、家族の健康にも貢献できると考え、好み・栄養も考えた献立自動作成アプリを提供開始、2018年4月にアプリダウンロード数40万を突破しました。

 【資金調達の目的】
今回の資金調達により、人材投資を加速させ、AI強化・UI/UX向上を図り、長く使い続けられる・なくてはならないサービスに成長させてまいります。

 【ミーニューの主な特徴】
(1) 最長1週間分献立を簡単作成できるから「毎日、何作ろう?」がなくなる
・好みや栄養を考えた献立
・自由にレシピの入替ができる

 (2) 買い物リストも自動作成で買い物ラクラク
・最大1週間分の買い物リストを自動作成
・売り場ごとに材料を表示できて売り場を行ったり来たりしなくてOK!
・家族の人数に合わせて人数も自由に変更できる
・買ったものをチェックしていけるので買い忘れの心配なし

 (3) アレルギー食材や苦手な食材は含まない献立自動作成
・考えなくても家族が食べやすい献立に

 (4) 献立の栄養価が分かる
・「エネルギー」「塩分」が確認できる

 ▼iPhoneアプリ
https://itunes.apple.com/jp/app/zui-zhang1zhou-jianno-xian/id977041956?l=ja&ls=1&mt=8
▼Androidアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.menew.menewapp&hl=ja

 【利用者の声】
・献立で毎日頭が痛かった。それを無くしてくれるアプリ!
・これむっちゃいいです!好き嫌い多くて面倒くさがりな私ですが、嫌いなものはアレルギーでチェックしたらでてこないし、買い物リストがあるからほんまに簡単です!一週間分まとめて買い物できる最高です!!
・すっごく助かる!主婦って毎日献立を考えないといけないから大変!だけど、このアプリなら、先に献立を考えてくれてるから、買い物もまとめ買いできる!便利!助かります!!
・設定した人数分のレシピと買い物メモがとてもありがたい。

 【会社概要】
商号 : 株式会社ミーニュー
代表者 : 代表取締役 三宅 伸之
本社 : 〒700-8530 岡山市北区津島中1-1-1 岡山大インキュベータ113号
東京オフィス: 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2丁目7-4-404
設立 : 2012年5月
事業内容 : AI献立自動作成アプリme:new(ミーニュー)の企画・制作・運営
資本金 : 2,978万円(資本準備金含む)
URL : https://info.menew.jp

 【受賞・採択歴】
■2013年4月
中四国ベンチャーサミット 「大賞」「トーマツ賞」ダブル受賞

 ■2013年9月14日号
週刊 東洋経済「新成長ビジネス100」選出

 ■2013年11月 ドコモ・イノベーションビレッジ2期メンバーに採択
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2013/11/28_01.html

 ■2014年3月
ドコモ・イノベーションビレッジ2期 Demo Day(成果発表会)で
『グランプリ』と『オーディエンス賞』ダブル受賞
http://www.nttdocomo-v.com/village/p1683/

 ■2016年8月 「IBM BlueHub」3期メンバーに採択
http://www-03.ibm.com/press/jp/ja/pressrelease/50423.wss