ソニー、スマホ立て直しに総力戦 事業継続の理由は「5G」 (1/2ページ)


【拡大】

  • 会見するソニーの吉田憲一郎社長=22日午前、東京都港区(萩原悠久人撮影)
  • ソニーが発表した新型スマートフォン「エクスペリアXZ2」=スペイン・バルセロナ(共同)
  • ソニーモバイルコミュニケーションズが開発したコミュニケーションロボットの「エクスペリア・ハロー」=東京都品川区
  • ソニーが発売した犬型ロボット「aibo(アイボ)」=東京都港区(松本健吾撮影)

 ソニーの吉田社長が4月の新経営体制発足後、初の中期経営計画を発表した。主力の家庭用ゲーム機「プレイステーション4」を使ったネット配信の強化や、映画や音楽の知的財産を使い安定的に収益を伸ばすのが柱となる。ただ赤字に陥っているスマートフォン事業のてこ入れ策や出遅れた自動運転車向けセンサーの強化策については明確な戦略にまで踏み込んでおらず、どう乗り切るかが課題だ。

 「ソニーの変革はこれからも続く」

 吉田社長は22日の記者会見で、今後も改革の手は緩めない考えを強調した。

 ソニーは平井一夫前社長が取り組んだ構造改革で2018年3月期の連結営業利益が7348億円と20年ぶりに最高益を更新するまで回復。業績面で見れば復活を印象付けたが、吉田社長は改革は道半ばだと見る。

 大きな懸案が、スマホ事業。販売不振で18年3月期は276億円の営業赤字を計上し、今期も150億円の赤字が続く見通し。それでも、ソニーが事業を継続するのは、次世代通信技術である第5世代(5G)のノウハウを蓄積しておく必要があると判断しているためだ。5Gはスマホ以外の幅広い製品にも適用される見通しで「モバイルという世界の中でレバーを持つことが長期的に事業の安定性につながる」と吉田社長は取り組む意義を説明した。

続きを読む