日立、英原発新設計画の協議継続へ

 日立製作所が28日開いた臨時取締役会で、英国の原発新設計画について、英政府と事業の枠組みをめぐる協議を継続する方針を確認したことが分かった。複数の関係者が明らかにした。

 これまでの協議では、英政府が3兆円規模に膨らんだ総事業費のうち直接融資と現地金融機関の融資で約2兆円を負担する譲歩案を示している。残りの約1兆円は出資で賄い、日立、英政府と現地企業、日本の政府系金融機関や電力会社の3陣営で等分負担する案が検討されている。

 ただ、今後の建設費高騰や工事遅延で損失が発生すれば日立の経営に深刻な影響が出る恐れもある。日立社内でも慎重論があり協議は難航している。

 日立の計画によると、英原発子会社ホライズン・ニュークリア・パワーを通じ英国に原発2基を新設し、2020年代前半の運転開始を目指すという内容だ。