運賃無料配車・運行サービス、勝算は ノモック吉田社長「ターゲティング広告に自信」 (1/3ページ)

インタビューに答えるノモックの吉田拓巳社長
インタビューに答えるノモックの吉田拓巳社長【拡大】

  • 後部座席に設置され、映像コンテンツを映し出すディスプレーのイメージ

 運賃無料の配車・運行サービス会社「nommoc(ノモック、福岡市博多区)」の吉田拓巳社長(22)がフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、事業計画の詳細を明らかにした。広告収入だけでどう利益を確保し、普及させていくのか-。日本初のサービスの行方が注目される。

 12日夜募集したノモックの株式投資型クラウドファンディングによる5000万円の資金調達は、4分30秒で完了。新しい資金調達手法ながら、投資家の関心の高さを見せつけた。

 吉田氏が、15歳で大型映像イベントを手掛ける「セブンセンス」を起業した著名な映像クリエーターということでも注目を集めた。

 3方向の大型画面

 導入車両は一般のタクシーと同じ普通乗用車タイプで、吉田氏は「後部座席にオリジナルディスプレーを設置する」考え。

 セブンセンスの映像イベントは中国メーカーと開発したLEDディスプレーを使用しており、新サービス向けにも低価格での搭載が可能。「来春からの福岡・天神での実証実験では、ディスプレーは前面のみで10インチ(25.4センチ)程度だが、本格運行に当たっては側面も合わせた3方向にし、大型サイズにする。透明ディスプレーやタッチパネルも採用する」(吉田氏)

続きを読む