建機工会長に大橋コマツ社長

コマツの大橋徹二社長(右)
コマツの大橋徹二社長(右)【拡大】

 日本建設機械工業会はこのほど、都内で開かれた2018年度通常総会後の理事会で、平野耕太郎会長(日立建機社長)の退任に伴い、新会長にコマツの大橋徹二社長を選出した。

 大橋新会長は「会員企業のみなさまと知恵と元気を出しながらやっていきたい」とあいさつ。「協創と共存をモットーに、災害への対応、地球環境対策、会員企業の海外展開へのサポート、ITなどを活用した最新技術への対応といった4本の柱に引き続き取り組みたい」と抱負を述べた。

 また平野氏は「工業会が持つ高い技術と層の厚い人材で日本や世界の持続的な発展に貢献してほしい」と新会長にエールを送った。