【スポーツi.】メジャーを席巻、でも今年は6000万円 他選手で見る大谷選手の年俸未来図 (1/3ページ)

ルーキー・イヤーとして文句ない成績を残している大谷=20日、米カリフォルニア州のエンゼル・スタジアム(リョウ薮下撮影)
ルーキー・イヤーとして文句ない成績を残している大谷=20日、米カリフォルニア州のエンゼル・スタジアム(リョウ薮下撮影)【拡大】

 米大リーグも開幕して2カ月余…。伝説のベーブ・ルース以来、100年ぶりに“二刀流”に挑戦しているエンゼルス・大谷翔平(23)。ここまで“ルーキー・イヤー”として文句ない成績を残している。

 投手で7試合に先発、40回3分の1を投げて4勝1敗、防御率は3.35、52奪三振。打者では30試合で2割9分1厘、6本塁打、20打点。24日のブルージェイズ戦では、中前に放った打球に対して俊足を生かして“二塁打”にし、潜在能力の高さを証明した(成績はいずれも日本時間29日現在)。

 「投げて打って、その上、足も速いのか…」。こんな米メディアの絶賛する声があった。

 今年は6000万円

 けど、そんなすごい男の今季の年俸はわずか54万5000ドル(約6000万円)。メジャー最低保障年俸である。

 大リーグの労使協定(2016年締結)により、25歳未満の外国出身選手はメジャー契約できない。当時「あと2年待てば、大金を手にできたのに」の声も聞こえてきたが、日本ハム時代の年俸2億7000万円を蹴って「メジャーで戦いたい」という夢を優先させた。

 そんな大谷だが、近い将来“夢のビッグマネー”を手にするかもしれない。

 原則的にはメジャー選手といえども、最初の3年間は球団側が提示する年俸に甘んじるしかない。メジャーで3年以上経てやっと選手は年俸調停資格が得られ、球団側との交渉で不満があれば、第三者に調停を持ち込むことができる。「フリーエージェント(FA)資格」は6年間。ビッグマネーのチャンスはさらに広がる。とにかく最低“石の上にも3年”が必要といえる。

続きを読む