パナ、頑丈タブレットなど情報端末「タフブック」に名称統一

ブランド統一後初の法人向け小型情報端末となる「タフブックFZ-T1」=29日
ブランド統一後初の法人向け小型情報端末となる「タフブックFZ-T1」=29日【拡大】

 パナソニックは29日、頑丈さが売りの法人向けノートパソコンと、タブレットなどの情報端末のブランドを「タフブック」に統一すると発表した。これまでタブレット端末は「タフパッド」として販売していたが、ノートパソコンにもキーボードを外してタブレットとして使える製品があるなど区別が曖昧だったため統一し、合わせてブランドの浸透も図る。

 ブランド統一後初の法人向け小型情報端末となる「タフブック FZ-T1」を10月に発売することも発表した。工場や倉庫といった製造や物流の現場での使用を想定し、ポケットに入るコンパクトサイズで従来より軽量、薄型にしつつも頑丈さを維持した。