KDDI、米ネトフリと提携 1200円安いセット料金導入へ

提携を発表したKDDIの高橋誠社長(右)とネットフリックスのプロダクト最高責任者のグレッグ・ピーターズ氏=29日、東京都新宿区
提携を発表したKDDIの高橋誠社長(右)とネットフリックスのプロダクト最高責任者のグレッグ・ピーターズ氏=29日、東京都新宿区【拡大】

 KDDI(au)は29日、動画配信大手の米ネットフリックスと提携すると発表した。ネットフリックスの月額650円の会費を組み込んだ上で、従来より約1200円割安な大容量通信プランを7000~8500円で夏以降に投入する。高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の実用化後も視野に動画サービスを充実させ、契約者の囲い込みや新規獲得を狙う。

 投入する料金プランは、新たに設定する25ギガ(ギガは10億)バイトの大容量データ通信に、ネットフリックスの月額利用料と、テレビ朝日などから動画の提供を受けているKDDIの動画配信サービス「ビデオパス」を組み合わせる。

 別々に契約する場合に比べて約1200円割安になる。25ギガバイトはネットフリックスの動画を月に100時間、1日に映画1本を視聴できる容量という。

 高橋誠社長は同日の発表会見で「5Gといってもユーザーにとってピンとくるサービスがなかった。どういう体験を提供できるか、いくつも提案していく」と話した。

 携帯電話大手3社は、若年層にスマホで動画を視聴する習慣が広がっていることを背景に、今後も動画配信事業者との提携を強化するなど動画配信を強化するとみられる。NTTドコモはすでに、自社サービスの「dTV」のほか、スポーツ中継の「DAZN(ダ・ゾーン)」と提携したサービスを提供している。ソフトバンクも2015年からネットフリックスと提携している。