次世代物流サービス実用化へ協業

 東芝テックは日立物流、大日本印刷と共同で、ICタグによる次世代物流サービスの実用化に向けた協業を開始する。タグは「RFID」という電波を利用して非接触で電子タグのデータを読み書きする自動認識技術を活用。製造した場所で添付し、生産拠点や物流センターなどでの作業効率を高め、省人化や品質向上を推進する。また、RFIDで取得したデータに基づいて廃棄ロスなどを最小限にするとともに、的確な需要予測や在庫配置、消費者ニーズに合った新製品を開発するなど、新たなマーケティング手法の確立を進めていく。