東京都、海外スタートアップ誘致へ

 東京都は、海外のスタートアップベンチャー企業の誘致を強化する。金融とIT(情報技術)とを融合した「フィンテック」と、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ロボット技術などの「テックビジネス」の2つの部門で、海外の起業家を対象にしたアクセラレーター(起業支援)プログラムを実施する。ホームページを通じて、7月13日までに申し込む。8月中旬に参加企業を各部門10社ずつ選定。国内大手企業などによるメンタリング(助言)などを経て、11月下旬に投資家などを招いたビジネスプラン発表会を行う。