みずほ銀、9日から4千億円超を投じた世界最大級のプロジェクト ATMやネットバンキングに臨時休止日を設定 (1/2ページ)


【拡大】

 みずほ銀行とみずほ信託銀行は、入出金や口座管理などを担う勘定系システムを統合した次期システムへの移行作業を9日から始める。4千億円超の資金を投じて進めてきた世界最大級のプロジェクトが、最後のヤマ場を迎える。

 みずほ銀の全国466店舗の口座データなどを9回に分けて移行し、平成31年度上期に完了させる。これに伴い、来年2月上旬までの週末や連休に計28日間、みずほ銀のATM(現金自動預払機)やインターネットバンキングなどに臨時休止日を設ける。31年度上期にも数日間休止する。みずほ銀の個人口座利用者数は約2400万人おり、影響は大きい。

 当初は28年春の統合を目指したが、慎重に開発とテストを進めた結果、2度の延期を余儀なくされた。当初見込みの3千億円台前半から大きく膨らんだ開発費は、31年度から5~10年かけて償却する予定。

 みずほ銀行がシステムを移行する理由や影響をQ&A形式でまとめた。

 Q 移行の理由は

 A みずほ銀は平成14年4月の旧3行の合併初日と、23年3月の東日本大震災の直後に大規模なシステム障害を起こした。統合後も旧行時代のシステムを併存させ、部分的な見直しを続けてきた結果、システムの複雑化が進んでしまったのが原因だ。次期システムに一本化すれば、こうした問題が解消される。

続きを読む