ソイバーガーで「食のインバウンド対応」を 菜食主義者が足を運ぶ居酒屋に行ってみた (1/4ページ)

 インバウンド(訪日外国人旅行)-2020年の東京オリンピックを控えて、日本では右肩上りに訪日外国人の数は増加している。日本政府観光局によると、2017年の1年間の訪日外国人は前年比19.3%増の2869万1000人で、統計以降最高記録を更新した。また日本政府の訪日外国人客の拡大目標は2020年で4000万人となっている。

 それに伴い交通機関の案内図や、建物の案内板は日に日にインバウンド対応のため多言語で書き直され、英語や中国語など観光客の言語に合わせたメニューを置く飲食店も増加している。

 ただし、食の内容はインバウンド対応がまだまだ遅れている分野なのではないだろうか。海外には動物保護や環境保護、宗教上の理由等で菜食主義者として暮らす人が非常に多い。日本の菜食主義者人口は推定5%以下であるのに対し、欧州では約15%、インドでは約30%と言われている。またアメリカでは菜食主義者の人口が数年で5倍以上に増加している。

 訪日外国人の増加により菜食主義者の外国人旅行客も増加すると予想されるのに対し、菜食主義者用のメニューを用意している飲食店は少ない。菜食主義者の外国人旅行客のほうが飲食店選びに困るのは目に見えている。

 今回は街の居酒屋さんで週末のランチメニューで提供されている、肉や脂を一切使用していないソイバーガーに注目したい。ソイバーガーは外国人客に人気が高く、小さな店内にはソイバーガーを求めてやってくる外国人観光客の団体もいる。人気の秘訣は何なのか?

 ソイバーガーを提供する居酒屋店長の雪田隼人さん、よくソイバーガーを食べに来るアメリカ・フロリダ州出身のB.B.クラークさんにお話しを聞いてみた。

実際に食べてみた