インテグリカルチャー、3億円調達

 人工肉などの培養技術開発を手掛けるインテグリカルチャー(東京都文京区)は、起業支援のリバネス(同新宿区)などが手掛けるリアルテックファンドやビヨンド・ネクスト・ベンチャーズ(同中央区)、農林漁業成長産業化支援機構、ユーグレナなどから総額3億円を調達した。

 調達資金を活用し、人工肉培養のためのパイロットプラントを年内に製作し、2019年末から20年初頭に、商業プラント1号機を建設する。当初は、化粧品や健康食品向けの原材料として人工肉の供給を始める計画だ。