SBI、仮想通貨交換・取引を開始 一般向け口座開設 来月にも受け付け

SBIホールディングス株式会社ホームページより
SBIホールディングス株式会社ホームページより【拡大】

 SBIホールディングス(HD)は4日、仮想通貨の交換や取引サービス事業を同日から開始したと発表した。まず先行予約で口座開設した顧客を対象に仮想通貨の販売を始め、7月中にも一般向けの口座開設を受け付ける。仮想通貨の販売時に上乗せするスプレッド(利ざや)は「業界最低水準」をうたっており、競合との差別化を図る。

 傘下のSBIバーチャル・カレンシーズ(東京都港区)が、まず2万人強の顧客を対象にスタート。同社は昨年9月に仮想通貨交換業の登録を完了し、開業の準備を進めてきた。取り扱う仮想通貨はリップルを先行させ、順次ビットコインなどに拡大させる。

 SBIHDはインターネット証券で国内最大手のSBI証券を傘下に持ち、約430万の口座数がある。SBIは利ざや引き下げに加え、グループ間のシナジーも生かして販売拡大につなげる。