チケットの価格をAIが最適設定 三井物産とヤフーが新会社、ぴあも出資

三井物産株式会社ホームページより
三井物産株式会社ホームページより【拡大】

 三井物産とヤフーは4日、共同出資で新会社を設立したと発表した。人工知能(AI)を使って、チケットなどの価格を需給に合わせて設定するシステムを開発する。チケット販売大手ぴあも出資に加わり、プロ野球やサッカー向けにサービスを始める。

 AIが過去の販売実績や試合日程、天候などを分析して最適なチケット価格を調整する。システムを導入したチームは一部チケットに変動価格を取り入れ、売り上げを増やしたり売れ残りをなくすのに役立てられる。

 需要に合わせた値決めはホテルや航空券で前例があるが、プロ野球などのチケットは、シーズン開始前に一律に価格設定するのが一般的だった。

 新会社はダイナミックプラス(東京)で、設立は1日付。出資比率は三井物産が62.6%、ヤフーは34.0%、ぴあは3.4%とした。三井物産がシステム開発を手掛け、ヤフーが多分野への市場開拓を担う。