飛翔期すホンダジェット、日本で受注開始 市場拡大できるか (1/2ページ)

会見する、左から藤野道格(本田技研工業株式会社常務執行役員ホンダ・エアクラフト・カンパニー・エル・エル・シー取締役社長)、八郷隆弘(本田技研工業株式会社代表取締役社長)、氏家俊明(丸紅株式会社常務執行役員輸送機グループCEO)、遠矢源太郎(丸紅エアロスペース株式会社代表取締役社長)=6日午前、東京都港区(宮川浩和撮影)
会見する、左から藤野道格(本田技研工業株式会社常務執行役員ホンダ・エアクラフト・カンパニー・エル・エル・シー取締役社長)、八郷隆弘(本田技研工業株式会社代表取締役社長)、氏家俊明(丸紅株式会社常務執行役員輸送機グループCEO)、遠矢源太郎(丸紅エアロスペース株式会社代表取締役社長)=6日午前、東京都港区(宮川浩和撮影)【拡大】

  • 小型ジェット機「ホンダジェット」の日本販売について、説明する「ホンダエアクラフトカンパニー」の藤野道格社長=6日午前、東京都港区

 ホンダは6日、米航空事業子会社ホンダエアクラフトカンパニー(ノースカロライナ州)が、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の日本での受注を始めたと発表した。丸紅の子会社を代理店に指定し、来年前半の納入を目指す。平成27年に発売したホンダジェットは徐々に販売地域を広げており、欧米に比べて規模が小さい日本のビジネスジェット市場を拡大できるかが注目される。(高橋寛次)

 「上海や北京、ソウル、台北にノンストップで飛ぶことができる。新しい交通手段を確立し、価値を創造したい」

 ホンダエアクラフトカンパニーの藤野道格(みちまさ)社長は、東京都内で開いた記者会見でこう強調した。

 日本で売るのは、先月発表した最新型の「ホンダジェット エリート」。航続距離は2661キロと、従来機より約17%向上させた。静粛性や安全性能を強化しており、今年度の価格は525万ドル(約5億8千万円)だ。

 ビジネスジェットは、富裕層や企業幹部の移動などに使われる。ホンダジェットは昨年、小型ビジネスジェットの納入数で世界一となったが、国土が狭く公共交通機関が発達している日本で保有されているのは90機程度。米国の約1万3千機と比べると市場は極めて小さく、日本事業の収益化へのハードルは高いのが現状だ。

続きを読む