シャープの戴正呉社長、「1、2年でPC黒字化」

シャープの戴正呉社長
シャープの戴正呉社長【拡大】

  • シャープの戴正呉社長=2017年12月7日午前、東京都中央区の東京証券取引所(佐藤徳昭撮影)

 シャープの戴正呉(たいせいご)社長は6日、産経新聞などの取材に応じ、東芝から買収するパソコン事業について「1~2年で黒字化し、投資を回収する。私の目標にしていく」と語った。シャープは東芝のパソコン事業を手掛ける子会社の株式の80・1%を約40億円で取得し、パソコン事業に再参入すると発表しており、「まずは日本国内で頑張りたい。次にグローバル展開したい」と意欲をみせた。