2018年上半期の旅行トレンドは「アジアリゾート」!短期間・安価・リピーターが上位に入るカギ?~エアトリが「2018年上半期海外旅行先人気急上昇ランキング」を発表~

ランキング
ランキング【拡大】

  • 済州

 オンライン総合旅行サービス「エアトリ」(https://www.skygate.co.jp)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅)は、2018年上半期(1月~6月)の海外旅行先人気急上昇ランキングを発表します。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158288/img_158288_1.jpg

  早いもので2018年も6月に入り折り返しの月となりました。そこでエアトリでは、2017年1月1日~6月30日と2018年1月1日~6月30日にそれぞれ出発した(あるいは予約されている)件数を比較し、2018年上半期に人気が急上昇している旅行先を調べました。

【上昇率1位は日本に最も近い海外リゾート「済州」】
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/158288/img_158288_2.jpg
「済州(韓国)」は、予約件数が昨年比で255%と倍増しており、昨年から人気が急上昇しています。LCC(ローコストキャリア)のティーウェイ航空が2017年6月30日より大阪(関西)-済州線、9月2日より東京(成田)-済州線の直行便をそれぞれ就航させており、渡航者数が倍増した大きな要因となっています。成田から2時間ちょっととすぐに行くことができる、低価格で渡航できる、時差が少ない、と他の海外リゾートと比べても魅力が多く、「日本に最も近い海外リゾート」として多くの人が訪れているようです。

【2位はベトナムの注目リゾート「ダナン」】
2位にはベトナム中部のリゾート地「ダナン(ベトナム)」が入りました。数年前から世界的に人気が上昇しているリゾート地で、日本でも需要増加を受けて2017年9月1日からLCCのジェットスター・パシフィック航空が大阪(関西)-ダナン線を開設するなど、ダナンブームはまだまだ続きそうです。リゾートとしてはもちろんのこと、ベトナムにある8つの世界遺産のうち、ランタン祭りで有名な「古都ホイアン」など3つがダナンからアクセス可能で、リゾートも歴史も楽しめる観光地としてリピーターも増えているようです。

【3位は台湾第2の都市「高雄」】
3位は「高雄(台湾)」となりました。高雄は台湾南部にあり台北に次ぐ第2の都市です。日本からは東京(成田)だけでなく、大阪(関西)、新千歳、福岡、熊本、沖縄と全国各地から直行便が出ており、簡単にアクセスすることができます。日本はもちろん世界中から多くの人が訪れる台北と比べると、高雄はホテルや食事もリーズナブルに楽しむことができ、港町ならではのシーフードなど台北とは違った魅力があります。台北をある程度楽しんだ台湾リピーターの間で注目が高まっているようです。

上位10か所のうち「ホノルル」以外の9か所はアジア圏が占めており、中でもリゾート地である「済州」「ダナン」の渡航者数が大きく上昇していることから、2018年上半期の海外旅行トレンドは「アジアリゾート」と言えそうです。


日本最大級オンライン総合旅行サービス
「エアトリ」(https://www.skygate.co.jp/
「エアトリ」は、格安航空券や海外ツアー、国内外ホテルを中心に幅広い旅行商品を取扱うオンライン総合旅行サービスです。24時間利用可能なリアルタイム検索や空席照会・即時予約・決済などオンラインならではのサービスを提供しています。
航空券は1,500以上の都市・2万以上のコースが即時予約可能。ホテルは国内外の約8,000都市・約60万軒と日本最大級の取扱い数に加えて、海外のホテル宿泊料が他サービスよりも高額であった場合は差額の3倍を返金する「最安値保証」を実施しています。
※「最安値保証」の適用条件についてはキャンペーンページをご覧ください。
URL:https://www.skygate.co.jp/hotel/campaign/saiyasune/