JR東海、清水建設と契約 川崎市のリニア新幹線の非常口工事

 JR東海は8日、リニア中央新幹線の「等々力非常口」(川崎市中原区)工事を清水建設などの共同企業体(JV)と契約したと発表した。

 JR東海は運行中の事故や火災などに備え、都市部で13カ所の非常口を設置する。等々力非常口は直径約36メートル、深さ90メートルで、工期は平成35年6月まで約5年間を予定している。