KDDIと日立が提携 IoTと無線通信で工場管理

 KDDIと日立製作所は7日、国内だけでなく海外工場の管理を一元管理する仕組み作りで連携すると発表した。生産性の向上を支援する。あらゆるものをネットワークにつなぐ「モノのインターネット(IoT)」と無線通信の技術を使い、海外展開する日系企業向けのサービスを開発する。

 KDDIが国ごとに仕様が異なる通信回線を一括で運用できる基盤を整える。2019年には50カ国以上で、安定した通信環境を低価格で提供できる体制にする。日立はこれを基に独自のIoT技術を活用し、設備の稼働状況など詳細なデータ分析に役立てる。両社は通信基盤などの技術開発でも協力する。7月には米国の食品工場で、包装に印字するための産業用プリンターを無線でつなぐ実証実験を始める。収集できるデータの内容やコスト削減の効果を検証する。