N高、英オックスフォード大での国際教育プログラムを2018年8月に初実施

イギリス・オックスフォード大学
イギリス・オックスフォード大学【拡大】

 学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」(以下、N高)は、世界最高水準の英語教育・教授法をもつOxford International Study Centre(イギリス、オックスフォード)と提携し、2018年8月に「オックスフォードサマープログラム2018」を初めて実施します。イギリスの歴代首相なども専攻していたInternational Relations(国際関係)や哲学などを含む、オックスフォード大学の教授・講師陣による専門的な授業や質の高い英語の授業が行われます。世界的な指導者やトップクラスの学生が学んでいる学問に触れることで、グローバルな視野で物事を考え、行動できる国際教養を身につけます。

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158370/LL_img_158370_1.png
イギリス・オックスフォード大学

 N高は国際的に活躍する人材を育成するため、アメリカ・カリフォルニア州にある世界的な名門校・スタンフォード大学と連携し、20年以上の歴史のある高校生向け国際教育プログラムに、N高開校の2016年度より参加しています。そして2018年度からは新たに、イギリス最古の大学として世界的に高名で、イギリス歴代54人の首相のうち27人が学んだオックスフォード大学での国際教育プログラムの実施が決定しました。2006年から10年以上高校生向けに国際教育プログラムを行っているOxford International Study CentreとN高が提携して実施するオリジナルのサマープログラムです。

 本プログラムは、日本からはN高および提携校の生徒だけが参加できる、文化や芸術、政治など国際教養に欠かせない分野を盛り込んだテーラーメイドのプログラムです。オックスフォード大学の教授・講師による社会科学・人文科学分野の授業や、日本では学ぶ機会が少ないCreative WritingやCritical Thinkingも学べる英語の授業など、少人数制によるレベルの高いカリキュラムが特徴です。また、授業は大学内の様々な場所(St Cross College, the Oxford Unionなど)で実施され、『ハリーポッター』や『不思議の国のアリス』の舞台となった400年の歴史をもつ美しい石造りの校舎で学ぶことができます。

 本プログラムでは世界14ケ国以上から参加する高校生たちと交流を深めながら、グローバルな環境で思考力や積極性を磨くことで、語学力だけでなく適応力、コミュニケーションスキルなどの育成を目指します。

 <オックスフォード国際教育プログラム2018 概要>
●実施日程: 2018年8月19日(日)~29日(水)予定
●参加者 : N高等学校、提携校の生徒
※学力、学習意欲、英語力等を総合的に勘案し参加者を選考
●内 容 : ・N高および提携校の生徒のために作られたテーラーメイドプログラム
・少人数で行き届いた授業体制
・オックスフォード大学での人気分野である社会科学、
人文科学も含めた様々な分野の授業
・特別講師による講義や大学での指導を行う
英語講師による英語の授業
・アメリカやヨーロッパの学生を中心とした
14ヶ国以上の高校生が参加予定
●協 力 : Oxford International Study Centre、一般社団法人 日英教育交流機構
●U R L : https://nnn.ed.jp/about/attractive/subject/stanford.html

 ◆学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校について◆
<本校:沖縄県うるま市、理事長:佐藤 辰男/N高公式サイト: https://nnn.ed.jp/
2016年4月に開校した“ネットの高校”で、現在の生徒数は6,512名(2018年4月時点)。「IT×グローバル社会を生き抜く“創造力”を身につけ、世界で活躍する人材を育成する」という理念のもと、今のネット社会に対応した新しい教育を実践します。授業やレポート提出はネットで行い、時間を問わず自身のペースで授業を受けられます。また、高校卒業資格のための必修授業の他に、大学受験やプログラミング、ライトノベル、ゲーム、ファッション、美容など多種多様なネットでの課外授業や、全国各地での職業体験により、社会で役立つスキルや経験を高校時代に身につけられるカリキュラムが特徴です。ネットコースと通学コースが選択できます。