三菱マテリアル社長が引責辞任 一連の製品不正受け

竹内章・三菱マテリアル社長(宮川浩和撮影)
竹内章・三菱マテリアル社長(宮川浩和撮影)【拡大】

 三菱マテリアルは11日、一連の製品データ改竄(かいざん)問題を受け、竹内章社長が経営責任を取って辞任し、代表権のない会長に就く人事を発表した。後任には小野直樹副社長執行役員が昇格する。6月22日の定時株主総会後の取締役会で正式に決定する。

 三菱マテリアルでは昨年、グループ企業で銅などの製品データの改竄問題が発覚。今月8日には、本体の直島製錬所(香川県直島町)で日本工業規格(JIS)に適合しないコンクリート原料を誤ってJIS製品として出荷していた品質問題を公表した。