三菱マテ社長が引責辞任 品質不正、後任に小野副社長昇格

小野直樹副社長執行役員
小野直樹副社長執行役員【拡大】

  • 品質不正の最終調査報告について記者会見する三菱マテリアルの竹内章社長(右から2人目)=3月28日午後、東京都文京区
  • 三菱マテリアルの品質不正をめぐる経緯

 三菱マテリアルは11日、一連の品質不正を受けて竹内章社長(63)が引責辞任し、代表権のない会長に就く人事を発表した。後任には小野直樹副社長執行役員(61)が昇格する。22日の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。三菱マテリアルでは昨年、グループ企業で銅などの製品データの改竄(かいざん)問題が発覚。8日に本体でも新たな不祥事が発覚する中で責任をとったかっこうだが、竹内氏が会長に留まることには批判の声も出そうだ。

 データ改竄は、昨年11月に子会社の三菱電線工業(東京)などで初めて発覚した。8日には、本体の直島製錬所(香川県直島町)で日本工業規格(JIS)に適合しないコンクリート原料を誤ってJIS製品として出荷していたと公表。認証機関は製品の認証を取り消した。

 竹内氏は、子会社による不正の最終調査報告書を公表した3月28日の記者会見で、「(再発防止の)陣頭指揮を執る」と続投を表明していた。しかしその後も不正が見つかり、現状のままでは株主総会を乗り切れないと判断したもようだ。

 同社は11日、「品質問題の経営責任をより明らかにするため、経営体制を変更する」とする竹内氏のコメントを発表。池沢広治直島製錬所長(55)の更迭も打ち出した。

 だが、検査データを改竄するなどした問題製品の出荷先が延べ800社以上にのぼる上、昨年11月以降も次々と新たな事実が発覚。社長辞任のタイミングとしては、遅きに失した感が否めない。

 しかも代表権を返上するとはいえ、竹内氏は引き続き会長として経営に参画し、グループのガバナンス(企業統治)強化に関わる指導や監督を行うとしている。副社長として竹内社長を補佐し、不正の調査にあたってきた小野氏にも、責任の一端はある。経営陣による不祥事対応のまずさが目立つ中、地に落ちた信頼を回復するのは容易ではない。

                  ◇

【プロフィル】小野直樹氏

 おの・なおき 京大卒。1979年三菱鉱業セメント(現三菱マテリアル)。常務などを経て2016年6月から取締役副社長執行役員。愛知県出身。

                  ◇

 ■三菱マテリアルの品質不正をめぐる経緯

 ・2017年11月23日

  三菱電線工業、三菱伸銅など子会社3社でデータ改竄があったと発表

 ・2017年1124日

  竹内章社長が記者会見し、謝罪

 ・2017年12月1日

  三菱電線の村田博昭社長が退任

 ・2017年12月19日

  三菱電線の新たな不正発覚を発表

 ・2017年12月28日

  三菱伸銅の最終、三菱電線の中間報告書を発表。改竄マニュアルの存在指摘

 ・2018年2月8日

  グループ会社のダイヤメットなどでデータ改竄があったと発表。不正は5社に

 ・2018年2月13日

  矢尾宏会長が4月1日付けで退任すると発表

 ・2018年2月20日

  三菱電線の最終報告書を発表。「品質管理におごり」と指摘

 ・2018年3月28日

  不正5社の最終報告書を発表。役員報酬の一部返上を決定

 ・2018年5月10日

  決算発表会見で新たな不正を明らかにするも、具体的内容は公表せず

 ・2018年6月8日

  本体でコンクリート原料を不正に出荷していたと発表

 ・2018年6月11日

  竹内社長の社長辞任を発表