パナ、世界最大市場で超小型EV参入 ライバルは中国勢、車載電池の性能アピール (3/3ページ)

昨年10月に始まったパナソニックの自動運転EVの走行実験。中国では超小型EVの展開をめざす=福井県永平寺町
昨年10月に始まったパナソニックの自動運転EVの走行実験。中国では超小型EVの展開をめざす=福井県永平寺町【拡大】

 中国市場にどう対応

 規模で存在感を発揮する中国勢に対してパナソニックは「同じ土俵で闘うつもりはない」(伊藤好生副社長)とし、技術力の高さを武器にしていく考え。価格競争とは一線を画し、納入によって利益を見込めるパートナーを選ぶ方針だ。

 パナソニックにとって、中国は重点地域である。現地の電池メーカーがライバルになるとはいえ、世界の最大市場となる中国は同社にとって将来、多くの顧客が生まれる魅力的な市場でもある。今後、中国市場とどう関わっていくのか。同市場でどのように存在感が発揮できるかが、世界のEV市場の勝敗につながりそうだ。